August 28 2011

直感がアテになるのは、その物事に対して熟練している時だけ

Twitter / 吾輩 (via rpm99) (via usaginobike) (via thinkupstudio) (via thinkupstudio) (via nemoi) (via flood) (via noboko) (via jinon) (via dominion525)
2010-06-26 (via yasaiitame) (via mcsgsym) (via katarinax)

Via なんかブラー

人をねたむってことは、その人のことを上に見ているって証拠なんだよ。

http://twitter.com/karabouya/status/2166672641 (via coshina) (via bardiche-side-b) (via vmconverter) (via petapeta) (via natsumix) (via tagkaz) (via appbank) (via yasai014) (via katarinax) (via katarinax)

Via なんかブラー

August 07 2011


(Source: runningaroundthecityswangin)

Via qiringiraffe

July 17 2011

彼と一生添い遂げたいなら、ひとつ心に留めておいてね。

人は変わる。悪い意味じゃなくて、全く成長しない人生なんてつまらないでしょ? 新しい経験をして、新しい視点を得れば、人生はどんどん豊かになってゆく。自分が変わりたくなくても、周囲が変わってゆけば関係は変わらざるを得ない。

望むと望まざるとにかかわらず、人は同じ場所に立ち続けることはできないんだ。

だから、パートナーとずっと一緒にいる、っていうことは、パートナーとの関係がずっと変わらない、っていうことじゃない。全く逆なんだ。常に、パートナーと新しい関係を築いてゆくこと、お互いの歩調を合わせて、同じ方向に成長してゆくこと、相手が変わるのに合わせて自分も変わってゆくこと、なんだね。

別れてしまう人達がいつも、考えが浅くて付き合っちゃったっていうわけじゃない。それぞれの人生の旅の、あるひとときにたまたま道程が重なったってこともある。それはそれで、真剣な関係があり得るけれど、最終的な旅の目的地が違っていたら、やっぱり別れざるを得ないんだよ。でもその一時期に一緒に旅をしたことっていうのは、無駄ではないんだ。それが無ければその後の人生もありえないんだから。

若い頃に、何十年も後の自分人生の旅を想像するのは難しい。むしろ想像がついちゃう人生なんてつまらない。そんな時に、一生一緒に旅をしてゆける人と巡り会えるのは、ひとつ奇跡みたいなものだ。大事にね。

http://anond.hatelabo.jp/20100724162058 (via kazu634) (via petapeta) (via ethels) (via hitowaft) (via syumari) (via takkkun) (via nklog) (via suzukichiyo) (via minimumnarration) (via marekoromo) (via ekyu) (via eternityscape) (via usaginobike) (via ishida) (via usaginobike) (via tartteria) (via amaisaeta)

Via 天井裏の宝箱

「教え方学」というのをもっと研究するべきだと僕は思う。
教え方の下手な人間ほど、生徒のせいにしたがる。「あいつは集中力が無い」「理解できない」とか。
 そんなことやってるから生徒のコンプレックスばかり刺激して、出来る子がどんどん見下すようになるいびつな精神構造を作り上げる。

 残念ながら、生徒も先生も相手を選べない。 だからこそ「教え方学」をもっと研究して、個人の資質に頼らなくて良いように教える側がもっと学ぶ必要がある。

 基本は三つ
・好奇心を刺激する。
・出来たら褒める
・質問には説明付きで応える。

 一方通行でだらだら喋って、メモをとって記憶する。 そんなのは学習とは言わない。暗記であり脳の負荷にしかならないよ。

教え方: オタク商品研究所plus (via nagas)

(Source: petapeta)

Via 天井裏の宝箱

classics:

rosarosa:

superartlife:

ak47:


tiga:


昭和毎日: 50枚の写真で振り返る東京タワーの50年 - 毎日jp(毎日新聞)

<右>1960年ごろの東京タワー周辺の街並み=本社機から<左>現在の街並み=本社ヘリから

classics:

rosarosa:

superartlife:

ak47:

tiga:

昭和毎日: 50枚の写真で振り返る東京タワーの50年 - 毎日jp(毎日新聞)

<右>1960年ごろの東京タワー周辺の街並み=本社機から<左>現在の街並み=本社ヘリから

Via 100 Notes

May 31 2011


Via かせいさんのクリップ

May 28 2011
shayol:

gkojax:

haniwa2k:

gotouyuuki-text:

swingswingjazzmaster:

mimioui:

matsumura:

hatron:

carios:

cutupradio:

catchthecatch:

ponco:

petapeta:

kikuzu:

ginzuna:

jinon:

aso:

tutshie:

tokboo:

jinon:

peyoung:

jacony:

nemoi:

whym:

大辞林 特別ページ 言葉の世界2-2 親族語彙・身体語彙

shayol:

gkojax:

haniwa2k:

gotouyuuki-text:

swingswingjazzmaster:

mimioui:

matsumura:

hatron:

carios:

cutupradio:

catchthecatch:

ponco:

petapeta:

kikuzu:

ginzuna:

jinon:

aso:

tutshie:

tokboo:

jinon:

peyoung:

jacony:

nemoi:

whym:

大辞林 特別ページ 言葉の世界2-2 親族語彙・身体語彙

Via A Planet Named Shayol

vmconverter:


ここ数年ボクが見た広告コピーの中ではこれが一番心に染みたんだけど、ちっとも話題にならなかったなあ。
(via ここ数年ボクが見た広告コピーの中ではこれ�… on Twitpic)

vmconverter:

ここ数年ボクが見た広告コピーの中ではこれが一番心に染みたんだけど、ちっとも話題にならなかったなあ。

(via ここ数年ボクが見た広告コピーの中ではこれ�… on Twitpic)

Via 100 Notes



(Source: thegirlnextdior)

Via 100 Notes

About

following

  • 踊るボウズクリップ
  • otsune tumblr まとめサイト 画像保管庫Q
  • Zumblr.
  • 100 Notes
  • Sampler
  • A Planet Named Shayol
  • なんかブラー
  • 天井裏の宝箱
  • 100ミリたんぶら
  • stlb:tumblr
  • かせいさんのクリップ
  • HogeHogeのたんぶら
  • 利便を考慮したスーイサイド
  • -n-o-t-e-
  • GARY VAYNERCHUK
  • jmblog - Tumblr Edition
  • Tumblrbird
  • Style
  • もこののたんぶらら
  • 9's post
  • qiringiraffe
  • yuco.tumblr.com
  • Memorandum
  • skinny bitch
  • J と P と G
  • Grund
  • とさたん
  • inspire me now
  • from the lullaby
  • ハイティーン・エバーグリーン
  • mooonooo
  • plnp

Stuff Here

Use this space to add whatever you want, or you can remove it altogether